他愛もない日常。思った事を書き綴っています♪ どうぞゆっくりしていってくださいネ(*^-^)
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 アニマルコミュニケーションの内容
2006年08月27日 (日) | 編集 |
スピリチュアルな内容なので、
苦手な方はスルーしてください。



*************************************************


8月24日にアニマルコミュニケーターのmisatoさんに、
ミーコの気持ちを聞いてもらいました。

ありがたいことに、その際のやりとりをmisatoさんのブログでも
紹介をしてくださっています。
ぜひ、ご覧になってみてください(^o^)
http://petkokoro.exblog.jp/m2006-08-01/#4413622


今年の夏になり、ミーコのコブを顔半分以上の大きさに
なりました。
片目は寝るときも半開き。少しよたついてきています。

残りの余生を少しでも快適に過ごして欲しかったから、
ご飯の事や、体調面のことミーコから伝えたい事がないか
知るためのコミュニーケートをお願いしたのです。

以下、misatoさんからいただいたメール回答です。


◆今、具合の悪いところはある?
・・・のどの辺りが痰が絡んだような感じ+少しヒューヒュー(ゼイゼイ?)した印象。何かを話そうとするとゴホっと咳き込みそうになるような印象が伝わってきました。

◆おなかの状態はどう?
・・・現在は少し便が詰まっているような感じです。
出したい気持ちもあるんだけど踏ん張りが利かなくてうまく出せないような印象。一応、腰骨の両側(腰からお尻近辺を温めるような感じでエネルギー流しておきました)この辺りを軽く指圧してあげると気持ち良いと思います。

◆水をたくさん飲んで欲しいな。(依頼)
・・・こぶが邪魔でうまく飲めないイメージ。

◆どうしたらお水飲める?
・・・少し浅めのお皿(サイズ的にはそんなに大きくないようなイメージ)でご家族の方に少量の水を入れて、こぶにぶつからないように傾けて貰いたい。
◆そうしたら飲めるかな?
・・・(映像で)少しだけ飲んで鼻をぺろっと舐めて顔をそむけました。



水は間口が狭いカップだったので、納得です!
さっそく口の広くて浅い物に変えました。


◆爪を切らせて欲しい。(依頼)
・・・複数回依頼しましたが、乗り気ではないようです。(苦笑)一本でも二本でも、少しずつで良いから切らせてね。と念を押して置きました。

◆ごはんの希望を教えてください。
・・・イメージとしてきたのは、白身魚をボイルしてすりつぶした物にスープが混ざっているような感じのもの。口の中が乾いているような印象が伝わってきました。

◆お顔のこぶについて。目を開けるのがつらくないですか?
・・・目と言うよりも、顔から体にかけてのバランスが取り難い。身体の右側が凝っているような印象。また、こぶの周り…目、鼻、口のかけて感覚が鈍くなっているような印象。人間で言えば歯医者で麻酔をされて治療した後のような感覚。

◆病院に行って目薬もらう?
・・・別に(私は行かなくても)良いけど、
なっつんが行きたいなら行ってもいいよ。

◆ミーコさんにとって、なっつんさんはどんな存在?
・・・いつも励ましてきた。
(なっつんの腕に自分の手をかけているイメージ)

◆なっつんのこと好き?
・・・楽しかった。
(この言葉が来るまでにしばらくもやもや考えている
イメージが。これまでのことを振り返っていたのだと思います。)

◆パパ、ママ、なっつんに今一番言いたいことは?
・・・なかなか伝わってこなかったんですが、
ひとつだけ明確に来たのが「仲良くして」でした。
他には?とゆっくり時間をとって考えていただきましたが、
言葉としては特に来ませんでした。

その代わり、網戸越しに木を見つめたりとても穏やかな表情の
ミーコさんが何パターンか伝わってきました。
その中で私の再度かけた

「あなたの気持ちを私からなっつんさんに伝えますから・・・」

の言葉にふっと笑って、
「なっつんはよく泣くから」と言ったメッセージが来ました。

また、なっつんさんのことを見送る映像が来ています。
ドアの向こうに出て行くなっつんさんの背中は逆光で黒っぽくなっているのですが、それをやや離れた場所から香箱座り?のまま見送るミーコさん。

このときのメッセージとして

「いつも、身体があなたから離れても、
 どんなときでもずっとずっと応援してるよ。」

と伝わってきました。

この辺りで、私が感情移入してしまって(汗)涙ぐみながら
「私は、あなたの気持ちをきちんと正しく受け取れていますか?」とミーコさんに確認したところ「100%なんてありえないのよ。」「優しい子ね」とすごく優しく笑いながら私の涙を舐めてくれました。

ミーコさん・・・思わず敬語でお話してしまっている自分に
少し驚きましたがとても品格のある、そして優しい素晴らしい女性だと思います。


以上が今回のコミュニケートの内容です。
わたしが思っていた以上に、ミーコは大人の女性でした。
コミュニケーターのmisatoさんをも優しく包み込んで・・・

手を腕にかけながら励まし続けてきたミーコ。
出掛ける時の逆光のわたしは、正に玄関を出る時のわたし。
これが最期かもしれない。。。そういう気持ちで
毎日応援メッセージを投げかけてくれていた。

そこまで、その時が近づいてたのか。。。
と思うと悲しくて涙が止まらなかったけれど、
救いは体から抜けても、ずっとずっと
見守ってくれるであろう事。

そして、写真のミーコはコブがあって辛そうに見えるけど
イメージ映像の中でのミーコは、とっても美しく穏やか。
曇りがないような清清しい笑顔だったそうです。
今の心境がその表情どおりのものかもしれない。

との言葉をいただき、ホッとしたような気分でした。
あと何ヶ月もいられないかもしれない。と思うとツライけど
ちゃんと受け止めたいです。


ミーコをいっぱい愛してきたつもりでしたが、
その倍以上に愛してくれていたんですね。
要望を出すことはほとんどなく、それこそ無条件の愛で・・・

misatoさんとの出会いに感謝してます。

そしてミーコ、いつも愛して、応援してくれてありがとう。
わたしもいつも愛してるよ。


20060826100352.jpg





スポンサーサイト

 アニマルコミュニケーション
2006年08月25日 (金) | 編集 |
昨日、ミーコの体調や気持ちを知る為に
アニマルコミュニケーションをしてもらいました。

これはとある方のレポート集です。
http://kayomebo.hp.infoseek.co.jp/animal_menu.html


実は、去年の10月に似たような事をしています。
動物の気持ちが分かる人がいると知らず。
半信半疑でしたが、ミーコの具合が悪くなり
能力ある方に写真を送った所、『話をしたい』と言われ
その時に初めてミーコの気持ちを教えてもらいました。

また、別の形で受けたいと思ったのは
余生短いミーコに少しでも体が楽になるように
ご飯のことや体調について希望を聞きたかったから。

ネットで偶然、受けた人達のブログを見て
やってもらえる人を探してお願いしました。

コミュニケートの内容については、
またあとで報告したいと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。